ひらのすけ ライフログ
暮らしをちょっとアップデート
パパ育児

【パパ】夏の赤ちゃん寝かしつけルール4選

こんにちは、ひらのすけ(@hiranosuke_pay)です。

あっっっっっっっっつい!!!!!! 暑すぎる!!!!!!!!

暑くて、夜はなかなか寝付けない方も多いのではないでしょうか?

でも暑いのは「赤ちゃんも一緒」です!!

もしかすると、夏になって寝グズリがひどくなったって方もかもしれません。

特に身体も弱い赤ちゃんは睡眠時も気をつけてケアしてあげる必要があると思います。

そこで僕が実践している夏の赤ちゃん寝かしつけルールを5つ紹介します。

寝かしつける前に部屋を冷やす

寝る直前にクーラーを入れると、部屋全体が涼しくなるまで、時間がかかります。

そのため、お風呂に入れるタイミングくらいでクーラーは入れておきましょう。

ちなみに我が家は27℃の設定にしています。

またこれは大人にも言えることですが、冷房機器はケチらず、使いましょう!!

熱中症となってからでは遅いです。

子供のためと思って我慢せず、ずっとつけっぱなしをオススメします。

お風呂→寝るまでの感覚を約1時間あける

以下は書籍「スタンフォード式 最高の睡眠」でも紹介されている事象です。

人間は睡眠の際に、深部体温が低下させる事でよく眠れるようになります。

子供についても同様のメカニズムと言われています。

その深部体温が下がり、入眠に適しているのが入浴の90分後と言われています。

ただし赤ちゃんに関しては、入浴後になるべく早く眠くなる子もいるかと思います。

そのため我が家では入浴後1時間を基準として、寝かしつけています。

ひらのすけ
ひらのすけ
【ひらのすけ的補足】入浴後の1時間、着替えさせるとともにベビーマッサージをしてあげてます!!

ひんやりシートを使う

もう夏の定番、ひんやりシート。

接触冷感素材の寝具を利用すると、ひんやりして睡眠の手助けになります。

僕は大人も子供もニトリの「Nクール ダブルスーパー」の商品を使っています。

少し生地が少々ベタつくのが、マイナスポイント。。。

赤ちゃんが嫌がらなければ、オススメです。

もし接触冷感素材でサラサラの手触り・肌ざわりのものがあれば、ぜひ教えてください!!!

生活リズムは崩さない

夏に限りませんが、赤ちゃんの生活リズムは崩さない事が大切だと感じています。

  • いつも通りの時間に起きる
  • 食事時間もいつもの時間にあげる
  • 日が長いからといって、遅い時間に連れ出さない
  • お風呂の時間も決められた時間に入れてあげる

その他、いつもの変わらない生活をさせていげる事で、赤ちゃんの睡眠も規則ただしいものになると思います。

ついつい大人は夏は遊びがちになるかもしれません。

しかし、そこは今の情勢も踏まえて、子供のためと思いグッと堪えましょう!!

特に今年はステイホーム。

みんなで乗り越えていきましょう!!

さいごに

赤ちゃんの睡眠が安定することで、ママやパパの睡眠時間の確保、そして生活も充実すると多います。

なかなかお子さんが寝ぐずりして、寝ない、、、などの悩みがある方も、もしよろしければ参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんにとっては、暑さはリスクです。

ぜひ一緒に赤ちゃんを守って、この夏を乗り切りましょう!!

がんばろー!!!

ひらのすけ