ひらのすけ ライフログ
暮らしをちょっとアップデート
暮らしのコト・モノ

【大切】30代 お金のために実施していること

こんにちは、ひらのすけ(@hiranosuke_pay)です。

みなさん、お金を貯める・増やすの工夫はされていますか

僕は子供が産まれて、より一層お金のことを考えるようになりました。

  • 家族それぞれのライフイベントでかかるコスト
  • 老後のコスト
  • それらを見越した貯蓄、資産形成

これらを考えると、今からさまざまなことにしなくては!!と感じます。

僕も様々なことを調べて実践していることを紹介します。

自分のため、妻のため、子供のため、今一度お金について考えませんか???

今回は意識的になことではなく、「コト」として実施している具体例を紹介します。

家計簿(収支の管理)

無駄な家計簿記録はやめよう!!

何事も「己を知ることから」です。

「家計簿なら私もやっている」という方、家計簿はつけっぱなしになっていませんか?

今月、何に、いくら使ったか、正確に把握していますか?

収入は大幅に変わらないため、ある程度わかると思います。

しかし消費は細かく把握できていない方が多いと思います。

だからこそ自分がなににどれだけ利用しているかを「見える化」して把握しましょう。

ひらのすけの家計簿活用方法

僕が実施している方法は以下です。

  • 家計簿アプリ「zaim」に日々の利用を記録
  • 月に一回、エクセルにzaimの記録を転記
  • 同じエクセルに収入も追記
  • 1年間、複数年、ブック(ファイル)に記録し続ける

僕が実施している実際のファイルは以下のような感じです。

ひらのすけ
ひらのすけ
【ひらのすけ的補足】「投資」という枠も作ることをオススメします!! 自分が無理のない範囲で投資できているかを確認するためです。

申し訳ありません!!

実データの箇所は隠させてください。。。

家計簿アプリからデータ出力もできます。

しかしなぜわざわざ転記しているかというと、

転記することで、収支の振り返りができるからです。

振り返りをせず、データ出力するだけでは、収支を把握できない方もいる可能性があります。

それでは家計簿をつけている意味がありません。

家計簿を見直す時に意識すること

転記をして振り返りをする際、以下のような点を意識します。

  • 自分が何にいくらから使ったのか
  • その消費は本当に必要なものだったのか
  • もっと削れるコストはないか

何度もいいますが、己を知ること。自分の生活を知ることは最も大切です。

ぜひ家計簿を記録する際は「振り返り」を大切にしてください。

投資

投資は身近で不可欠

みなさんは「投資」を実施していますか?

まだ一部の方は「投資」と聞いて、ハードルが高く感じる方もいるかもしれません。

しかし今後の資産形成をする上で、投資は欠かせません

実際に20~30代のつみたてNISA証券口座の開設が増加しているようです。

つみたてNISAの専用口座数は20年12月末時点で300万を突破。創設1年目の18年末から2年で約3倍に増加した。

利用者拡大の中心になっているのは20~30代の若い世代だ。つみたてNISA口座の開設者全体に占める30代以下の比率は、金融庁の最新データ(20年9月末時点)では44.3%。18年末(39.6%)から4.7ポイント増加した。

つみたてNISAを利用して投信の積み立て投資を始めた理由として、2人とも老後資金への不安を挙げる。「現在の水準の公的年金が将来も維持されるとは思えない」とAさんは話す。

引用:日本経済新聞(2021/5/28)

将来への不安から、少しでも資産を増やそうとしている僕と同じ世代の方が多いのです。

ひらのすけの投資方法

僕が実際にこれまで実施してきた投資例を共有します。

ざっくりと2つです。

  • つみたてNISA口座で投資信託を運用
  • 特定口座で投資信託を運用

特定口座はつみたてNISAと異なる、利益に対して課税されます。

詳細は以下です。

つみたてNISAはみんながやるべき

まだつみたてNISAをはじめていない方。いますぐはじめましょう!!

詳細は割愛しますが、月3.3万円を「貯金」する感覚で構いません

「貯金感覚」で実施していたものが、市場やその商品の成長により、価値が高くなっていきます。

選択できる商品も金融庁が選択した「長期」「積立」「分散」の投資に適しているとした商品が選べます

また「つみたてNISA」は毎年最大40万円、最長20年間投資で売却時に得た利益が非課税になる制度です。

価値が高くなって儲けた分、まるまるそのまま受け取れます。

特定口座は余裕のある方は検討

僕は自分でも倹約する方なので、それなりに貯金がありました。

貯金を銀行に塩漬けにするなら、投資に回したいと思い、投資信託を購入しました。

つみたてNISAの限度額を超えての購入となるため、「特定口座」での購入です。

特定口座はつみたてNISAと異なり、投資で得た利益に対して課税されます。

それでも長期で持っておくことを考えると、利益が高いと思い「スポット」+「積み立て」で購入しています。

忙しいサラリーマンは投資信託がオススメ

「投資」と聞くと、「〇〇株式会社の株」など、個別の会社の株を想像します。

「どれを買うべき?」「どれなら損しない?」など、個別株を購入は選ぶのが困難です。

そこでオススメは「投資信託」です。

投資信託は投資のプロが集めたお金を株式や債券などに投資してくれます。

自分で個々の会社を調べたり、IR情報をみたりしなくてOKです。

ある程度はプロにお任せできますため、忙しいサラリーマンにはオススメできます。

実際のひらのすけの運用状況

僕は2020年4月に証券口座を開き、本格的に投資をしています。

投資している商品は以下です。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • MAXIS Slim 米国株式(S&P500)

※ちなみに証券会社は楽天証券を利用しています。

2021円8月現在の投資信託の運用成績は以下のような状況です。

あくまで長期投資を前提としているため、1年強の経過で評価するということはしません。

小さなことからコツコツと、地道に頑張っていこうと思います。

また投資はあくまで自己責任です。

自ら少しずつ勉強して、どの商品が自分に合っているのか、どのくらい投資するのか、

あなたの方針を決めましょう!!

ひらのすけ
ひらのすけ
【ひらのすけ的補足】投資をすることで、生活がカツカツになっては、元も子もないです。先ほども言いましたが、投資は無理のない範囲で!!

スキマ時間の小遣い稼ぎ

もう一つ、最近はじめたことがあります。

それはスキマ時間を活用した小遣い稼ぎです。

具体的には「マイクロミル」アンケート回答やモニター参加しています。

気合を入れず、あくまで「スキマ時間」

僕がアンケート記入などをしているのは本当に「スキマ時間」です。

僕でいうと、ご飯を食べて、だらだらと休憩している時など。。。笑

例えば、「なんとなく」Twitterやinstagramを見てしまっている時間、アンケートに答えませんか?

SNSをスクロールしている時間は0円ですが、その時間をお金に変えられます。

ひらのすけはどのくらい稼げているのか

ズバリ、僕は大体月2,000〜4,000円相当程度のお小遣いを得ています。

これをどのように見るかはあなた次第です。

モニター参加オンラインでのアンケートなどに参加できると、もう少し大きい金額になります。

案件によっては、1つの案件で4,000円分稼げる時もあります。

毎月これだけあれば、美味しいランチを1回食べられますよね!!

1年間貯めれば、それなりの金額になります!!

ぜひ試してみてください!!

ひらのすけ
ひらのすけ
【ひらのすけ的補足】スキマ時間は読書など、お金以外に使うのも有効だと思います!! 自分の優先順位に合わせて、時間を無駄にしないようにしましょう!!

さいごに

30代になると、人生のイベントが多くなる方も多いです。

それに比例して、お金の問題に直面することも多くなります。

だからこそお金や資産のことをしっかりと考えて、行動しましょう。

お金のことは、一気に片付けようとするのは危険です。

「小さなことからコツコツと」です。

幸せな生活を送るために、一緒に考えていきましょう!!

ひらのすけ