ひらのすけ ライフログ
暮らしをちょっとアップデート
暮らしのコト・モノ

【本カフェ+α】湘南T-SITE の楽しすぎる過ごし方

こんにちは、ひらのすけ(@hiranosuke_pay)です。

本好きですか? カフェ好きですが?流行りに乗りたいですか?

1つでも当てはまったら。いや当てはまらない人も一度は訪れてほしいスポットです。

湘南 T-SITE

僕も湘南暮らしをはじめ、徒歩圏内ということもあり、足繁く通っているスポットです。

その湘南 T-SITEを最高の過ごし方を紹介したいと思います。

湘南T-SITEとは?

通りすがり

T-SITEといえば、カフェ?本屋さん?

僕としては、なかなか分類できない施設です。

湘南T-SITEといえば、「本屋」「スタバ」のイメージが強いかも知れません。

しかしそれで止まらないのが、この施設。

さまざまな専門店あり、カフェあり、パン屋あり。

言ってみれば、「ライフスタイル・エンターテイメント複合施設」と勝手に名付けちゃいます。笑

長いかなぁ。。。笑

湘南T-SITE外観

建物の内装もアート感がすごい

白基調に葉のような模様のある外壁の入り口。

他ガラス張りの側面。

シンプル・モダンを思わせる外観です。

夜はLED照明もあり、シックな一面も見えます。

内装は本の雰囲気に合わせて落ち着いた雰囲気。

スタバゾーンの内装

各フロアに専門店もありますが、そのエリアだけ浮くということなく、全体が統一感あるインテリアになっています。

おしゃれだ。。。

なんと言っても「BOOK&CAFE」

T-SITEの最大の特徴は「BOOK&CAFE」です。

1号館、2号館、3号館とフロアが別れています。

その屋内外、テラスなどで300以上の席でカフェのコーヒーなどを飲みながら本を読めます。

この席の配置がいい!!

スタバ店舗ゾーンだけでなく、各ジャンルの本棚の近くにちょっとしたソファーや椅子が用意されています。

「ちょっとゆっくりして読んで、よかったら購入してね」

そう言わんばかりのおもてなし。

2Fには「湘南ラウンジ」と呼ばれるスペースがあり、ちょっとゆったりしたスペースも用意されています。

いつまでも居たくなるくつろぎ空間です。

ひらのすけはほぼ休日の朝活は湘南T-SITE
僕は土日のどちらか、朝8:00ごろからT-SITEで朝活していることが多いです。
何をやるかは、前夜やその朝に決めます。

「あのジャンルの本を読もう」
「行ってから、気になった本を手に取ろう」
「ブログを書こう」
「ちょっと仕事しよう」

あんまり意気込んでいく、というよりは、ふらっといく。
この場所では館内ぶらぶらしていると、何か新しい発見に出会えます
それに没頭するのが好きです。

そして11時くらいに帰って、朝活終了って感じの朝です。

専門店と本の融合

本棚の近くに関連専門店

店舗空間の作り方が面白いのが湘南T-SITE。

各ジャンルの本棚の近くに関連する専門店が出店されています。

  • 料理・パン作りの近くに「パンとエスプレッソと」
  • ガーデンニング本棚の近くに「Buriki no Zyoro」 など

本を読んで、グッズを買ったり、食事をしたり、、、物欲刺激しまくられます。

ひらのすけ

特にこの「Buriki no Zyoro」の雰囲気が好きで、本と一緒に衝動買い。

やられています。。。笑

  • Buriki no Zyoro店内
  • しかもその専門店の質が全て高く、なかなかお目にかからないグッズなどもあります。

    欲しくなっちゃいます。。。

    ただ本を読むだけでなく、好奇心なども刺激される進化型の本屋さんですね。

    新たな自分を見つけるためにも、新しいジャンルの本を手に取ってみてはいかがですか?

    そしてそのジャンルの専門店ですぐ、体験・行動。

    きっと真新しい体験ができると思います。

    各所に期間限定コーナーも

    また期間限定コーナーが各所にあります。

    そのセンスがまた、、、イイ!!!!

    このときは沖縄がテーマ。

    現地のコーヒーやキャラメルなどあまり「沖縄」に馴染みがないところがまた新たな発見があっていいですね。

    またあるときは「白山陶器」。

    有名な食器を取り揃えていて、全て揃えたくなる。。。

    「期間限定」の言葉に弱い人は多いと思います。

    でも本当に限定なんだから、お金かけてもイイじゃないか!!

    馴染みがないことにお金をかけて新しい体験してみましょう!!

    ガジェット好きに便利。Apple関連ショップ

    Apple 正規サービスプロバイダとして、店舗も入っています。

    大好きなApple製品が試せて、購入可能

    各種修理もここで実施可能です。

    Apple製品だけでなく、Apple製品と親和性の高いスピーカーやトイなどもあり、誰もが楽しめます。

    本と一緒におしゃれなアイテムを「見て、感じて、手に入れられる」のが湘南T-SITE

    みなさんの価値観も刺激されるはずです。

    地域に根ざした豊富すぎるイベント

    湘南T-SITEでは本当にさまざまなイベントに参加が開催されています。

    毎週いくたびに何かしら開催されているイメージ。

    全部参加するのは難しいくらいですね。笑

    以下のようなものが実施されています。

    • 湘南メルカート
    • 湘南マーケッタ
    • 湘南移住に関するイベント
    • 家具家電に関するイベント など

    見てわかる通り「湘南」に関することが多く、地域に根ざしたイベントが多くなっています。

    その中でもやはり「湘南メルカート」「湘南マーケッタ」

    藤沢や茅ヶ崎、平塚、小田原中心の生産者を中心に生鮮食品や加工食品を出店しています。

    特に無農薬、無添加などの環境やカラダに優しいモノなど、暮らしを豊かにしてくれる商品が多く揃っていまい。

    ひらのすけ

    僕は時々出店する湯河原のお豆腐屋さん「十二庵」があるときはついつい買ってしまいます!!

    なかなか外出もできない今、近くで出店してくれるのは嬉しい!!

    イベントにちょっと顔を出すと湘南を感じることができますよ!!

    行った際は「何かやってるかな?」とイベントスペースを覗いてみましょう!!

    リモートワークに嬉しいワーキングスペース「SHARE LOUNGE」

    リモートワークが広がり、湘南へ移住するする方が増えていますとよくニュースでもやっています。

    実際に私近隣にも東京から移住された家族が数組います。

    働く場所を選ばない時代になって、湘南暮らしはオススメですよ!!

    そんな働く人、作業したい人にオススメの場所が湘南T-SITEにあります。

    湘南T-SITEのコワーキングスペース「SHARE LOUNGE」

    家に快適な仕事環境を整備するのはなかなか難しい方もいるかも知れません。

    またたまには環境変えて仕事したいという時もあると思います。

    そんな時に湘南T-SITEのコワーキングスペース「SHARE LOUNGE」がオススメです。

    ビジネス特化の本とこだわりフードに囲まれたリッチワークスペース

    湘南T-SITEが上記の通り、本が充実しています。

    その特徴はSHARE LOUNGEにも共有しています。

    特にビジネス書籍、自己啓発書籍など、「ビジネス向け書籍」がかなり充実しています。

    SHARE LOUNGEの本棚一部。 ビジネス書がびっちり!!

    そしてコーヒー、カフェラテ、フルーツジュースなどのフリードリンクに加えて、スナックバーが飲み放題、食べ放題!!

    特にこのスナックバー、ただのミックスナッツではなく、かなりこだわりあるナッツ。

    • オーガニックスプラテッドナッツMIX
    • ナチュラルヨーグルトアーモンド
    • オーガニックサニーベアーベジー などなど

    オーガニックへのこだわり、しかも美味しい。

    ロゴがまたかわいい。

    さらに有料でアルコール類も提供しています。

    ひらのすけ

    このナッツとビールで優勝です。

    これだけの環境で仕事ができると、新しいことが生まれそうな予感がします。

    少々利用コストは高めなところがデメリットとなるかもしれません。

    SHARE LOUNGE利用料

    1時間:770円

    3時間:1,980円

    1日利用:3,300円

    ※情報は2021年8月20日店舗掲載の情報です。

    たまにはこの特別な環境でいつもとちがうワークスタイルで取り組んでみませんか?

    ちがう環境だからこそ、生み出されるものがあるかも!!

    そして思う存分、このエグゼクティブ空間を楽しみましょう!!!

    さいごに

    いかがでしたか?

    湘南の暮らしに溶け込んだ、複合施設の湘南T-SITE。

    特にその地域に住んでいる方は日常づかいできるかと思います。

    遠方からの方でも駐車場が2時間無料だったり、藤沢駅から無料シャトルバスが出ていたりとアクセス抜群です。

    1日いると、新たな知識や体験ができます。

    また新たな自分が見つかるかもしれません。

    是非、一度訪れていただけると嬉しいです。

    ひらのすけ